VS 2008/ASP.NET 3.5のホームへ戻る

AJAX 1.0の統合

 

ASP.NET 2.0AJAX 1.0を使用するには、マイクロソフトのダウンロードサイトから「ASP.NET AJAX 1.0」をダウンロードしてインストールする必要があります。ASP.NET 3.5ではAJAX 1.0が統合されましたので.NET Framework 3.5をインストールすると自動的に組み込まれます。

 

VS 2008AJAX対応のWebアプリケーションを作成するには、「ファイル」メニューから[新しいWebサイト]を選択して「新しいWebサイト」のテンプレートから「ASP.NET Webアプリケーション」を選択します。WebサイトにWeb.configファイルが作成されますが、このWeb構成ファイルはAJAX対応版になっています。

 

 

VS2008ではテンプレートから「ASP.NET Webアプリケーション」を選択するとAJAX対応のWebサイトが作成される

 

Default.aspxをデザインビューで表示してツールボックスを表示すると、「AJAX Extensions」にScriptManagerUpdatePanelUpdateProgressなどのサーバーコントロールが表示されます。

 

図 ツールボックスに「AJAX Extensions」タブが追加されている

 

AJAX Control Toolkitを使用するときは、「Code Plex」のサイトから「AjaxControlToolkit-Framework3.5.zip」または「AjaxControlToolkit-Framework3.5-NoSource.zip」をダウンロードして解凍します。Zipファイルを解凍したら、SamplesWebSiteBinフォルダをWebサイトにコピーします。これで、VS 2008からAJAX Control Toolkitが利用できるようになります。なお、ツールボックスの「AJAX Control Toolkit」タブは、ツールボックスを右クリックして手動で追加する必要があります。

 

ツールボックスに「AJAX Control Toolkit」タブを追加した例

 

VS 2008では、サーバーコントロールの「タスク」メニューに「エクステンダの追加」が表示されます。「エクスデンダの追加」をクリックすると「エクステンダウィザード」が起動してカレントのサーバーコントロールに適用できるエクステンダコントロールが表示されます。たとえば、Buttonコントロールの「Buttonタスク」メニューから[エクステンダの追加]を選択すると「エクスデンダウィザード」には、ConfirmButtonExtenderコントロールなどが表示されます。

 

図「Buttonタスク」メニューから[エクステンダの追加]を選択する

 

図 Buttonコントロールに対応しているエクステンダコントロールが表示される

VS 2008/ASP.NET 3.5のホームへ戻る