ADO.NET Accessのホームへ戻る

Web.configに登録されているConnectionStringを取得してAccessのデータベースに接続するサンプル

 

 Web.configに登録されているConnectionStringを取得してAccessのデータベースに接続するサンプル

 

このサンプルは、Web.configに登録されているConnectionStringを取得してAccessNwind.mdbデータベースを開きます。Connect to Access DataBaseのボタンをクリックすると、Web.configからConnectionStringを取得してAccessNwind.mdbデータベースを開きます。結果は、ラベルに表示されます。

 

このサンプルでは、以下のノウハウを習得することができます。

 

  Web.configConnectionStringを登録する方法

  Web.configからConnectionStringを取得する方法

 

サンプルの<form>…</form>には、ButtonLabelが定義されています。行27-29では、Connect to Access DataBaseButtonが定義されています。Buttonには、OnClickイベントが登録されています。このイベントでは、Web.configからConnectionStringを取得してAccessNwind.mdbデータベースを開きます。行31Labelには、実行結果が表示されます。

 

26: <form runat="server">
 27: <asp:Button id="btnOpen" runat="server"
 28:   Text="Connect to Access DataBase"
 29:   OnClick="btnOpen_Click" />
 30: <hr>
 31: <asp:Label id="lblMessage" runat="server" />
 32: </form>

 

Connect to Accessのボタンをクリックすると、OnClickイベントが発生します。OnClickイベントでは、Web.configからConnectionStringを取得してAccessNwind.mdbデータベースを開きます。行7-8では、OleDbConnectionのインスタンスを生成しています。引数には、Web.configから取得したConnectionStringを指定しています。Web.configからConnectionStringを取得するには、ConfigurationSettingsクラスのAppSettings()メソッドを使用します。AppSettings()メソッドの引数には、<add>タグのkeyを指定します。Web.configには、以下のようなConnectionStringが登録されています。

 

<configuration>

  <appSettings>

    <add key="conStringAccNw"

      value="PROVIDER=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;

DATA SOURCE=E:\Inetpub\wwwroot\aspado\webdb\Nwind.mdb" />

  </appSettings>

</configuration>

 

Web.configは、XMLで記述されています。ConnectionStringは、<appSettings>…</appSettings>セクション内に記述します。<add>タグのkey=には、conStringAccNwを設定しています。Web.configからConnectionStringを取得するには、ここで設定したキーを使用します。value=には、ConnectionStringを設定します。ConnectionStringDATA SOURCE=には、Nwind.mdbのフルパルを設定します。

 

9-10では、LabelTextプロパティにOleDbConnectionConnectionStringプロパティを設定しています。行11では、OleDbConnectionOpen()メソッドでAccessNwind.mdbデータベースを開いています。行12-15では、LabelOleDbConnectionStateプロパティを設定しています。行16では、OleDbConnectionClose()メソッドでAccessNwind.mdbデータベースを閉じています。行17-20では、LabelOleDbConnectionStateプロパティを設定しています。Labelには、以下のような情報が表示されます。

 

ConnectionString:PROVIDER=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;

DATA Source=E:\Inetpub\wwwroot\aspado\webdb\Nwind.mdb
ConnectionState:Open
ConnectionState:Closed

 

LabelConnectionStringには、Web.configから取得した情報が表示されます。

 

  6: Sub btnOpen_Click(s As Object, e As EventArgs)
  7:   Dim con As New OleDbConnection( _
  8:     ConfigurationSettings.AppSettings("conStringAccNw"))
  9:   lblMessage.Text = _
 10:     String.Format("<b>ConnectionString</b>:{0}<br>", con.ConnectionString)
 11:   con.Open()
 12:   If con.State = ConnectionState.Open Then
 13:     lblMessage.Text &= _
 14:       String.Format("<b>ConnectionState</b>:{0}<br>","Open")
 15:   End If
 16:   con.Close()
 17:   If con.State = ConnectionState.Closed Then
 18:     lblMessage.Text &= _
 19:       String.Format("<b>ConnectionState</b>:{0}<br>","Closed")
 20:   End If
 21: End Sub

 

ADO.NET Accessのホームへ戻る