SQL Serverに接続するConnectionStringを生成するサンプル

SQL Serverに接続するConnectionStringを生成するサンプル

 

このサンプルは、SQL ServerConnectionStringを生成してデータベースを接続します。Webフォームが表示されたら、Serverのテキストボックスにサーバ名、または(local)を入力します。DataBaseのテキストボックスには、SQL Serverのデータベースを入力します。SQL Serverにログインするには、Windows 認証モードとSQL Server認証モードがあります。Windows 認証モードでログインするときは、Integrated Securityのチェックボックスをクリックしてチャックマークを付けます。SQL Server認証モードでログインするときは、チェックマークを外します。

 

SQL Server認証モードでログインするときは、UserIDPasswordのテキストボックスが表示されますのでSQL Serverに登録されているユーザIDとパスワードを入力します。

 

Connect to SQL Server DataBaseのボタンをクリックすると、ConnectionStringを生成してデータベースを接続します。実行結果として、ConnectionStringConnectionStateを表示します。

 

このサンプルでは、以下のノウハウを習得することができます。

 

  Windows 認証モードでログインするときのConnectionStringの作成方法

  SQL Server認証モードでログインするときのConnectionStringの作成方法

  SqlConnectionOpen()/Close()メソッドの使い方

  SqlConnectionConnectionString/Stateプロパティの使い方

ADO.NET SQL Serverのホームへ戻る