ADO.NET SQL Serverのホームへ戻る

  ストアドプロシージャを使用してレコードを削除するサンプル

ストアドプロシージャを使用してレコードを抽出するサンプル

 

このサンプルは、ストアドプロシージャspCustomerSelectTestを使用してNwindSQLデータベースの得意先テーブルからレコードを抽出します。実行結果として得意先ID、得意先名、担当者名、電話番号を表示します。

 

ストアドプロシージャspCustomerSelectTest

Create Procedure spCustomerSelectTest
 (@CompanyName nvarchar(40))
As
Select * From Customers
 Where CompanyName = @CompanyName

 

このサンプルでは、以下のノウハウを習得することができます。

 

  Selectステートメントのストアドプロシージャを作成する方法

  ストアドプロシージャのパラメータ(Named Parameter)に値を設定する方法

  SqlCommandExecuteReader()メソッドの使い方

  SqlDataReaderRead()メソッドの使い方

  Read()メソッドで取り込んだレコードのフィールド(カラム)を表示する方法

ADO.NET SQL Serverのホームへ戻る