VS 2008/ASP.NET 3.5のホームへ戻る

◆複数の.NET Frameworkへの対応

 

VS 2008.NET Framework 2.0.NET Framework 3.0.NET Framework 3.5に対応しています。VS 2008で新規プロジェクト/新規Webサイトを作成するとき、ドロップダウンリストから対応するフレームワークを選択することができます。この機能はVWD 2008ではサポートされていません。VWD 2008で作成したWebアプリケーションは常にASP.NET 3.5対応になります。ただし、すでに作成されているASP.NET 2.0Webアプリケーションを開くことはできます。

 

VS 2008の「新しいWebサイト」ダイアログからはフレームワークを選択できる

 

VS 2008は、それぞれのフレームワークでサポートされている機能を認識してツールボックスなどに自動的に反映します。たとえば、ASP.NET 3.5ListViewコントロール、DataPagerコントロールなどのDataコントロールが追加されましたが、これらのコントロールは.NET Framework 3.5を選択したときのみツールボックスに表示されます。

 

.NET Framework 2.0().NET Framework 3.5()を選択したときのツールボックス

 

VS 2008は、ASP.NET 2.0で開発されたWebアプリケーションを自動的にASP.NET 3.5に移行する機能もサポートしています。もちろん、ASP.NET 2.0の環境で開発することも可能です。この場合、ASP.NET 3.5で追加された新規のコントロールは利用できませんが、VS 2008で追加されたインテリセンス機能、JavaScriptのデバッグ、ソース/HTMLビューの同時表示、マスターページのネストなどの機能は利用できます。

 

したがって、ASP.NET 2.0などの下位バージョンのWebアプリケーションを開発及び保守する場合も積極的にVS 2008を利用することをお勧めします。なお、VS 2008ASP.NET 1.XWebアプリケーションを開発することはできません。

 

NOTE

VS 2008/VWD 2008ASP.NET 2.0 AJAXWebサイトを新規に作成することも可能です。この場合、下記サイトから「ASP.NET 2.0 AJAX Templates for Visual Studio 2008」をダウンロードしてインストールしてください。

 

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=5c7df430-1c34-40d2-b6ec-81353b5fcf2e&displaylang=en

 

インストールが完了すると、新規Webサイトを作成するとき「新しいWebサイト」ダイアログのテンプレートに「AJAX 1.0-Enabled ASP.NET 2.0 AJAX Extensions …」が追加されます。

 

図「新しいWebサイト」のテンプレートに「AJAX 1.0-Enabed ASP.NET 2.0 AJAX Extensions…」が追加された

 

VS 2008/ASP.NET 3.5のホームへ戻る