ASP.NET AJAX のホームへ戻る

◆マスターページでASP.NET AJAXを使用する

 

ASP.NET AJAXではAtlasからかなり仕様が変更されています。ここでは、マスターページにASP.NET AJAXを実装する方法を説明しながら変更点についても述べます。マスターページを使用したWebアプリケーションでは、個々のWebページにScriptManagerを宣言する代わりにマスターページ(.master)に宣言します。この場合、WebページではScripManagerを宣言せずに直接UpdatePanelUpdateProgressTimerなどのコントロールが利用できます。

 

Atlasでは、ScriptManagerEnablePartialRenderingプロパティのデフォルト値が「False」でしたが、ASP.NET AJAXでは「True」に変更になっています。ここでは、EnablePatialRenderingプロパティを省略していますのでデフォルト値の「True」が適用されます。したがって、すべてのWebページでUpdatePanelが利用できます。

 

<aspAjax:ScriptManager ID="ScriptManager1" runat="server" />

 

fig9

マスターページ(Master.master)ScriptManagerを宣言する

ASP.NET AJAX のホームへ戻る