ASP.NET AJAX のホームへ戻る

●スパムメールを撃退 (NoBot)

 

WebページにWebメールを送信する機能を付加すると、CAPTCHA(画像認証:画像化された文字、数字などを入力させて人間とロボットを区別する)などを組み込んでスパムメールを排除する必要があります。画像認証を組み込むと、ユーザーが「認証コード」を入力しないといけないので余分なキー操作が増えます。AJAX Control ToolkitNoBotを利用すると、自動的に人間とロボットを区別しますのでユーザーに「認証コード」を入力させる必要がありません。投稿されたメールがロボットによるスパムメールかどうかを識別するには、Page_Loadイベントハンドラで「NoBotState」を診断します。NoBotStateに「Valid」が格納されていれば人間が投稿したメール、「Invalid…」が格納されていればロボットによるスパムメールと判断します。

 

<ajaxToolkit:NoBot ID="NoBot1" runat="server" />

 

Protected Sub Page_Load(...) Handles Me.Load

  If IsPostBack Then

    Dim state As NoBotState

    Select Case state.ToString

      Case "Valid"

        lblMessage.Text = "正常なメールです"

      Case "InvalidBadResponse"

      Case "InvalidResponseTooSoon"

      Case "InvalidAddressTooActive"

      Case "InvalidBadSession"

      Case "InvalidUnknown"

        lblMessage.Text = "スパムメールの可能性があります"

    End Select

  End If

End Sub

 

fig18

ロボットによるスパムメールを自動的に検出

 

ASP.NET AJAX のホームへ戻る