DataGridDataTableをバインドするには

 

  DataGridDataTableをバインドするサンプル

 

DataGridDataTableをバインドするサンプル

 

このサンプルは、DataGridDataTableを生成してバインドしています。DataGridAutoGenerateColumnsプロパティにTrueを設定してDataTableのカラムを自動生成させています。

 

このサンプルでは、以下のノウハウを習得することができます。

 

  DataTableをランタイム時に生成する方法

  DataTableにカラムを追加する方法

  DataTableDataRowを追加する方法

  DataGridDataTableをバインドする方法

 

DataTableをランタイム時に生成するには、New DataTable()でインスタンスを生成します。DataTableにカラムを追加するには、ColumnsコレクションのAdd()メソッドを使用します。Add()メソッドの引数には、DataColumnを指定します。DataColumnは、New DataColumn()でインスタンスを生成します。DataColumnの引数には、カラム名とデータ型を指定します。サンプルでは、Value/Textのカラムを文字型として追加しています。

 

DataTableにレコードを追加するには、DataTableNewRow()メソッドでDataRowを生成します。DataRowを生成したら、Itemプロパティにカラム名を指定して値を設定します。DataRowDataTableに追加するには、DataTableRowsコレクションのAdd()メソッドを使用します。

 

DataTableをバインドするには、DataGridDataSourceプロパティにDataTableを設定してDataBind()メソッドを実行します。DataBind()メソッドを実行すると、DataTableのすべてのカラムが自動生成されて表示されます。

 

6:   Dim dt As New DataTable
  7:   Dim dr As DataRow
  8:   With dt
  9:     .Columns.Add( New DataColumn("Text", GetType(String)) )
 10:     .Columns.Add( New DataColumn("Value", GetType(String)) )
 12:     dr = .NewRow()
 13:     dr.Item("Text") = "Visual Basic .NET"
 14:     dr.Item("Value") = "VB.NET"
 15:     .Rows.Add(dr)
         :::
 31:   End With
 33:   dgrdVsNet.DataSource = dt
 34:   dgrdVsNet.DataBind()

 

ASP.NET DataGridのホームへ戻る