ASP.NET Listコントロールのホームへ戻る

DataReaderをバインドするには

 

  ListBoxDataReaderをバインドするサンプル

 

ListBoxDataReaderをバインドするサンプル

 

このサンプルは、ListBoxDataReaderをバインドしてアイテムを表示しています。ListBoxからアイテムを選択してOKボタンをクリックすると選択したアイテムが表示されます。

 

このサンプルでは、以下のノウハウを習得することができます。

 

  DataReaderを生成する方法

  ListBoxDataReaderをバインドする方法

 

このサンプルでは、OleDbConnection, OleDbCommandクラスを使用してAccess/SQL ServertblVsDotNetテーブルを読み込んでOleDbDataReaderを生成します。行22では、tblVsDotNetテーブルからレコードを抽出するためのSQLを作成しています。行23では、Web.configに登録されているデータベースの接続情報を取得しています。Web.configとデータベース接続情報については、第3章で詳しく解説します。行24では、OleDbConnectionのインスタンスを生成しています。OleDbConnectionの引数には、データベースの接続情報を指定します。行25では、OleDbCommandのインスタンスを生成しています。OleDbCommandの引数には、SQLコマンドとOleDbConnectionを指定します。

 

27では、OleDbConnectionOpen()メソッドでデータベースを開いています。行28-33With…End Withでは、ListBoxの各種プロパティを設定してOleDbDataReaderをバインドしています。行29では、OleDbCommandExecuteReader()メソッドでSQLSelectステートメントを実行してOleDbDataReaderを生成してListBoxDataSourceプロパティに設定しています。ExecuteReader()メソッドの引数に、CommandBehavior.CloseConnectionを指定すると、OleDbDataReaderが解放されるときに自動的にデータベースが閉じられます。行30-31では、ListBoxDataValueFieldDataTextFieldプロパティにOleDbDataReaderの対応するカラム名を設定しています。OleDbDataReaderShortNameのカラムには、言語の略称(VB.NET)が格納されています。LongNameのカラムには、言語のフル名称(Visual Basic .NET)が格納されています。行32では、ListBoxDataBind()メソッドでOleDbDataReaderをバインドしています。

 

21: Sub BindData()
 22:   Dim strSQL as String = "Select * From tblVsDotNet"
 23:   Dim strCon as String = ConfigurationSettings.AppSettings("conStringNw")
 24:   Dim con As OleDbConnection = New OleDbConnection(strCon)
 25:   Dim cmd As OleDbCommand = New OleDbCommand(strSQL, con)
 27:   con.Open()
 28:   With lstVsNet
 29:     .DataSource = cmd.ExecuteReader(CommandBehavior.CloseConnection)
 30:     .DataValueField = "ShortName"
 31:     .DataTextField = "LongName"
 32:     .DataBind()
 33:   End With
 34: End Sub

ASP.NET Listコントロールのホームへ戻る