ASP.NET 徹底活用術のホームへ戻る

■リストコントロールとは

 

ASP.NET には、CheckBoxCheckBoxListRadioButtonRadioButtonListDropDownListListBoxコントロールなどのコントロールがありますが、これらのコントロールはリストコントロールと呼びます。リストコントロールは、Webページにアイテムの一覧(リスト)を表示して、一覧からアイテムを選択させるときに利用します。

 

1  ASP.NET のリストコントロール

 

アイテムの一覧から1個のアイテムを選択させるときは、RadioButtonListDropDownListコントロールを使用します。RadioButtonListは、表示するアイテム数が比較的少ないときに向いています。DropDownListは、Webページの空き領域が制約されているときに利用すると便利です。DropDownListからアイテムを選択するには、右端に表示されている[]ボタンをクリックします。[]をクリックすると、アイテムの一覧がドロップダウンリストに表示されます。アイテムを選択するには、ドロップダウンリストからアイテムをクリックします。マウスを使用する代わりに、キーボードからアイテムの頭文字を入力してアイテムを検索することができます。

 

Note

ASP.NETDropDownListは、Windowsのコンボボックスのようにインクレメンタルサーチ機能をサポートしていません。インクレメンタルサーチとは、ドロップダウンリストからアイテムを検索するときにアイテムの文字を先頭から順次入力して絞り込むことです。たとえば、「ASP???」で始まるアイテムを検索するときは、「a-s-p」の順にキーボードから入力します。

 

 

アイテムの一覧から複数のアイテムを選択させるときは、CheckBoxListListBoxコントロールを使用します。CheckBoxListRadioButtonListと同様、表示するアイテム数が少ないときに向いています。ListBoxは、アイテムを表示する行数を指定することができますのでDropDownListと同様、表示領域を節約したいときに利用すると便利です。ListBoxのデフォルトの行数は「4」に設定されています。行数を変更するには、Rowsプロパティを書き換えます。ListBoxからアイテムを選択するには、アイテムをマウスでクリックします。複数のアイテムを選択するには、[Ctrl]キーを押しながらアイテムをクリックします。なお、ListBoxから複数のアイテムを選択するには、SelectionModeプロパティに[Multiple]を設定します。SelectionModeのデフォルトは、[Single]に設定されています。

 

ASP.NETDropDownListListBoxには、複数の列を表示することができません。リストコントロールに複数列を表示させたいときは、DataGridコントロールとCheckBoxRadioButtonコントロールを組み合わせて擬似リストコントロールを作成します。

 

2: 用途別リストコントロールの選び方

 

ASP.NET 徹底活用術のホームへ戻る