ASP.NET Mobileのホームへ戻る

Labelコントロール

 

Labelは、フォームにテキストを表示するときに使用します。Labelは、<mobile:Label>…</mobile:Label>のように開始/終了タグをペアで記述します。<mobile:Label…./>のように記述することもできます。Labelに表示するテキストは、Textプロパティに指定します。<mobile:Label>テキスト</mobile:Label>のようにLabelの開始/終了タグの間に挿入することもできます。

 

書式:

<mobile:Label id=”String” runat=”server”

  Text=”String”>

</mobile:Label>

 

下図のサンプルは、3種類の方法でテキスト「ラベル」を表示させています。行14-16では、開始/終了タグの間にテキストを挿入しています。行17-19では、Textプロパティにテキストを設定しています。行8-10では、Page_Load()イベントでTextプロパティにテキストを設定しています。

 

Label1.aspx – 3種類の方法でテキストを表示するサンプル

 

下図のサンプルは、デフォルトで用意されている3種類のスタイルを使用してテキストを表示しています。スタイルは、LabelStyleReferenceプロパティに設定します。デフォルトのスタイルとしてerrorsubcommandtitleがサポートされています。StyleReferenceerrorを設定したときは、テキストが赤色で表示されます。Subcommandを設定したときは、行の中央にテキストが表示されます。Titleを設定したときは、太字で表示されます。

Label2.aspx – デフォルトのスタイルを使用するサンプル

 

下図のサンプルは、カスタムスタイルを使用してテキストを表示しています。カスタムスタイルは、Stylesheetコントロールを使用して定義します。スタイルは、<Style>タグを使用して定義します。行7-18Stylesheetでは、Style1Style2Style33種類のスタイルを定義しています。

 

Labelコントロールでカスタムスタイルを使用するには、StyleReferenceプロパティにスタイルの名称を設定します。行21-29では、LabelにカスタムスタイルStyle1Style2Style3を使用して表示しています。

 

Label3.aspx – カスタムスタイルシートを使用するサンプル

 

 

下図のサンプルは、外部ファイルに作成したスタイルシートを使用して表示しています。行7-8では、StylesheetコントロールのReferencePathプロパティに外部ファイルのパスを設定して取り込んでいます。

Label4.aspx – 外部ファイルに作成したカスタムスタイル使用するサンプル

 

スタイルシートの外部ファイルは、ユーザコントロールファイル(.ascx)として作成します。.ascxファイルには、@Pageディレクティブの代わりに@Controlを記述します。Inheritsには、System.Web.UI.MobileControls.MobilePageの代わりにSystem.Web.UI.MobileControls.MobileUserControlを指定します。行7-11Stylesheetコントロールは、.aspxファイルに記述する場合と同じです。Mobileのアプリケーションでカスタムスタイルを使用するときは、.aspxファイルに直接Stylesheetを記述しないで、外部ファイルに定義して参照すると保守が容易になります。

 

ExternalStyle.ascxファイルの内容

 

ASP.NET Mobileのホームへ戻る