ASP.NET Mobileのホームへ戻る

TextBoxコントロール

 

TextBoxは、フォームからテキストを入力するときに使用します。TextBoxには、NumericPasswordMaxLengthSizeなどのプロパティがサポートされています。NumericプロパティにTrueを設定したときは、数字のみ許可します。PasswordプロパティにTrueを設定したときは、入力した文字が「****」のように表示されます。MaxLengthプロパティに桁数を設定すると入力データの長さを制約することができます。

 

書式:

<mobile:TextBox id=”String” runat=”server”

  MaxLength=”Int32”

  Numeric=”{False|True}”

  Password=”{False|True}”

  OnTextChanged=”EventHandler”

  Size=”Int32”

  Text=”String”

  Title=”String”

  WmlFormat=”String”>

</mobile:TextBox>

 

下図のサンプルは、TextBoxを使用してID、パスワードを入力してログインするフォームを作成しています。IDTextBoxでは、NumericプロパティにTrueを設定して数字のみ許可しています。SizeMaxLengthプロパティに4を設定してIDの桁数を4桁に制約しています。

 

パスワードのTextBoxでは、PasswordプロパティにTrueを設定して入力したパスワードが表示されないようにしています。

 

ログインボタンを押すと、フォームがポストバックされてTextBoxに入力したIDとパスワードを取得することができます。

 

TextBox1.aspx – データを入力するサンプル

 

Note

BreakAfterプロパティのデフォルト値

 

ASP.NET Mobileコントロールには、BreakAfterプロパティがあります。このプロパティをTrueに設定すると、次のコントロールが改行されて表示されます。このプロパティのデフォルト値は、Trueに設定されていますが、Mobileのデバイスによっては、LabelTextBoxが同じ行に表示される場合があります。たとえば、IDとパスワードのLabelを強制的に改行させたいときは、<br>タグを使用します。

 

<mobile:Label runat=”server” Text=”ID:” />

<mobile:TextBox id=”txtID” runat=”server” />

<br>

<mobile:Label runat=”server” Text=”パスワード:” />

<mobile:TextBox id=”txtPassword” runat=”server” />

 

 

 

ASP.NET Mobileのホームへ戻る