ASP.NET Mobileのホームへ戻る

Listコントロール

 

Listは、SelectionListと同じようにアイテムを表示させて選択することができます。Listには、ページング機能がサポートされていますのでアイテム数の多いリストを表示するのに適しています。Listは、SelectionListと異なり単独でフォームをポストバックさせることができます。Listから選択したアイテムを取得するには、OnItemCommandイベントを登録して取得します。OnItemCommandイベントを登録すると、ItemsAsLinksTrueに設定されてアイテムがハイパーリンクとして表示されます。

 

書式:

<mobile:List id=”String” runat=”server”

  DataMember=”String”

  DataSource=”Object”

  DataTextField=”String”

  DataValueField=”String”

  Decoration=”{None|Bulleted|Numbered}”

  ItemsAsLinks=”{False|True}”

  ItemCount=”Int32”

  OnItemDataBind=”Eventhandler”

  OnItemCommand=”Eventhandler”

  OnLoadItems=”Eventhandler”>

  <Item Text=”String” Value=”String” Selected=”{False|True}” />

</mobile:List>

 

 

  Listに表示するアイテムをデザイン時に定義するサンプル

Listに表示するアイテムをデザイン時に定義するサンプル

 

このサンプルは、Listに表示するアイテムをデザイン時に定義しています。ListOnItemCommandを登録すると、アイテムがハイパーリンクとして表示されます。アイテムを選択すると、フォームがポストバックされてOnItemCommandイベントに制御が渡ります。OnItemCommandイベントで、選択したアイテムを取得するには、ListCommandEventArgsListItemプロパティを参照します。ListItemには、選択したアイテム(MobileListItem)が格納されています。選択したアイテムのText/Valueの値は、MobileListItemText/Valueプロパティに格納されています。

 

e.ListItem.Text è VB.NET

e.ListItem.Value è Visulal Basic .NET

 

 

  Listに表示するアイテムをランタイム時に追加するサンプル

 

Listに表示するアイテムをランタイム時に追加するサンプル

 

このサンプルは、Listに表示するアイテムをランタイム時に追加しています。サンプルの行57-59では、Listコントロールを定義しています。

 

56: <mobile:Form id="frmList" runat="server" Paginate="True">
 57: <mobile:List id="lstSelectType" runat="server"
 58:   StyleReference="List"
 59:   OnItemCommand="lstSelectType_ItemCommand" />
 60: </mobile:Form>

 

Page_Loadイベントの行11-13では、ページが最初にロードされたときSub FillListWithEnum()を呼び出して、Listにアイテムを追加しています。FillListWithEnum()では、SelectionListSelectTypeプロパティのEnum(ListSelectType)から名前と値を取得して、Listのアイテムに追加しています。FillListWithEnum()の行22-24を解りやすく記述すると次のようになります。

 

item = New MobileListItem(“DropDown”, “0”)

list.Items.Add(item)

 

Listからアイテムを選択するとフォームがポストバックされてOnItemCommandイベントに制御が渡ります。このイベントの行30では、Listから選択アイテム(MobileListItem)Valueを取得してSelectionListSelectTypeプロパティに設定しています。行31では、Sub BindSelectionList()を呼び出してSelectionListにデータベースのtblVsDotNetテーブルをバインドしています。行32では、MobilePageクラスのActiveFromプロパティにfrmSelectionListのフォームを設定してSelectionListを表示しています。

 

29: Sub lstSelectType_ItemCommand(s As Object, e As ListCommandEventArgs)
 30:   slstVsNet.SelectType = CType(e.ListItem.Value, ListSelectType)
 31:   BindSelectionList()
 32:   ActiveForm = frmSelectionList
 33: End Sub

 

 

frmSelectionListのフォームに表示されたSelectionListの例(Dropdow/Radio/CheckBoxの順)

ASP.NET Mobileのホームへ戻る